ライセンスのタイプについて

Document created by takahiro_ueno on Jan 5, 2014
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
メンター・グラフィックスは、2つの基本タイプのオーソライゼーション・コード(ライセンス)をサポート致します。タイプの詳細につきましては、「ライセンスモデル、サーバー、種類規定ガイドライン」ページで紹介しております。

 

Mobile Compute オーソライゼーション・コードは、ハードウェア・キー(ドングル)またはイーサネット・アドレス(MACアドレス)に限定したライセンス(ノードロック・ライセンス)です。また、”uncounted”ライセンスのためライセンス・サーバーを要求しません。ライセンス参照先の環境変数にてプレイン・テキストのライセンス・ファイルの保存先を指定してアプリケーションに認識させます。アプリケーションは起動時にライセンス・ファイルを読み込み、実行可能か判断します。

 

Note: Mobile Compute ライセンスは、FLEXnet(FLEXlm)の制限によりWindowsのリモートデスクトップの環境ではご使用いただけません。リモートデスクトップではフローティング・ライセンスにてご使用ください。


 

Mobile Compute オーソライゼーション・コードの例:


INCREMENT msimpevcom mgcld 2012.120 20-mar-2013 0 5803F1652ED732F69572 \
    VENDOR_STRING=38061DE1 HOSTID=FLEXID=9-a619e532 SN=9898968 SIGN2="1F72 6B7A \
    C2FF 1777 8DBC B3FF 5C88 D64A B21A A4CB 3EA4 5C70 4D01 19AF 8187 0B56 \
    2C9C 3C5E BC59 F5EA BCDC 6FC0 642A 6E56 9FAC 42A6 FABE 5FCC 39E7 C1CC"


フローティング・ライセンスは、ネットワーク上のどのコンピュータでもご使用いただけます。フローティング・ライセンスは”counted”ライセンスのため、ライセンス・サーバーを起動する必要があります。Unixhostid、イーサネット・アドレス(MACアドレス)、ハードウェア・キーのID等がフローティング・ライセンスのサーバーIDとすることができます。アプリケーションは環境変数で指定されたライセンス・サーバーに起動に必要なライセンス・フィーチャーを要求します。アプリケーションはライセンスが有効であるか定期的にチェックするため、フローティング・ライセンスを使用される場合はライセンス・サーバーに常時接続されていることが必要になります。


 

フローティング・オーソライゼーション・コードの例:


 

SERVER put_server_name_here 016E47093DBB 1717
DAEMON
mgcld path_to_mgcld
INCREMENT blzshell mgcld 2012.120 20-mar-2013 1 AF3E21750551F8EBDD80 \
     VENDOR_STRING=5ED6BC09 SN=9898977 SIGN2="1EA7 4E1D \
     FB97 D3EE 8275 71E2 6925 5584 5A96 92FF CB3F 3B62 3169 A9EF 8C84 03A9 \
     4A28 287E 35ED 8EF1 E021 539C D0B7 BEDA 572A 5C99 3B87 5A25 BB98 1F9C"


 

ライセンス・ファイルの各フィールドについての詳細は、Anatomy of a License File をご参照ください。


 

3つ目にそれほど一般的ではありませんが、Nodelocked-counted と呼ばれるタイプのライセンスがあります。こちらは、フローティング・ライセンスと同様にライセンス・サーバーの起動が必要になります。しかしながら、ネットワーク上の任意のホストで使用できるフローティング・ライセンスとは異なり、Nodelocked-counted ライセンスは、特定の1台のマシンでのみチェックアウトすることができます。これは、ライセンス・ファイルのINCREMENT行の中の HOSTID フィールドでコントロールされてます。Nodelocked-counted は、Mobile Compute とフローティングのハイブリットのようなライセンスです。


 

Nodelocked-counted オーソライゼーション・コードの例:


 

SERVER put_server_name_here 0024E8477136 1717
DAEMON mgcld path_to_mgcld
INCREMENT armsptarmeabi mgcld 2013.120 16-dec-2013 1 9ED3261677742A84B49D \
    VENDOR_STRING=259CD3E2 HOSTID=0024e8477136 SN=42049388 SIGN2="0276 \
    9247 47DE 268C 290A ACB7 7351 D49A 8CB1 019C 64B4 0074 17B2 4442 7346 \
    1659 A6F3 6B71 D646 36DD 4504 A7A6 6D82 D6F0 BC0D 2170 B266 878B 17B4 \
    DC07"


Attachments

    Outcomes