Windows上でのライセンス・マネージャー(サーバー)のアップデート(動画)

Document created by takahiro_ueno on Jan 21, 2014Last modified by takahiro_ueno on Oct 11, 2017
Version 7Show Document
  • View in full screen mode

ここでは、Windows上でのライセンス・マネージャーのアップデートについてご紹介しております。始める前にアカウントセンターから最新のMentor Standard Licensing (MSL)/PCLS ソフトウェアをダウンロードしてください。

https://account.mentor.com/licenses/download

 

ライセンス・マネージャーのアップデート:

 

1. 現在運用中の(アップグレード対象の)ライセンス・サーバーを停止します。

 

lmtools.exe を使用して、現在使用しているライセンスサーバーを運用している場合:

 

- スタート > プログラム > Mentor Graphics Licensing > lmtools を起動します。
- "Configuration using Services" を選択し、メンター・グラフィックス・ライセンスのサービスを選びます。
- "Start/Stop/Reread" タブを選択します。
- "Stop Server" ボタンをクリックします。
- LMTOOLSを閉じます。

 

2. メンター・グラフィックス・ライセンス・サーバーを実行しているPCにカレントPCLSをインストールします。

 

- pcls_vX.XX.X.X.zip ファイルをダウンロードして解凍します。
- pcls_vX.XX.X.X フォルダに移動します。
- setup.bat をダブルクリックします。
- 「Mentor ライセンスのインストール」のウィンドウが表示されたら「アップグレード」をクリックし、インストールを開始します。
- 「確認 [LIW002]」のウィンドウが表示されたら「いいえ」をクリックします。
- FLEXID=9-のUSBキーを使用されている場合は、メニューバーの「ライセンスの管理 > ハードウェア キー ドライバのインストール」を選択して新しいドライバをインストールします。
- 「終了」をクリックしてインストールプログラム終了します。

 

3. ライセンス・ファイルのDAEMON行の mgcld.exe のパスがインストールしたPCLSのインストールディレクトリ内の場所を示すようにテキストエディターで編集してください。

 

例.PCLSのインストールディレクトリが、"C:\MentorGraphics\Licensing"の場合
      DAEMON mgcld C:\MentorGraphics\Licensing\mgcld.exe

 

4. LMTOOLSを起動し、"Config Services"タブへ移動します。"Path to the lmgrd.exe  file"の入力ボックスが、インストールしたPCLSのインストールディレクトリ内の"lmgrd.exe"を示すように編集してください。

 

例.PCLSのインストールディレクトリが、"C:\MentorGraphics\Licensing"の場合
     "Path to the lmgrd.exe file" = C:\MentorGraphics\Licensing\lmgrd.exe となります。

 

5. ライセンス・サーバーを再起動します。

 

- スタート > プログラム > Mentor Graphics Licensing > lmtools
- "Configuration using Services"を選択し、メンター・グラフィックス・ライセンスのサービスを選びます。
- "Start/Stop/Reread" タブを選択します。
- "Start Server" ボタンをクリックします。
- "Server Status" タブを選択します。
- サーバーが実行されているか確認するために "Perform Status Enquiry" をクリックします。
- LMTOOLS を閉じます。

Attachments

    Outcomes