ベンダーデーモンのパスが間違っている

Version 2

    パスネームは間違えやすいものの1つです。DAEMON行のベンダーデーモンのパスの編集時、ベンダーデーモン(mgcld 等)のパスが正しく且つ実在するベンダーデーモンのファイル名が含まれていることを確認してください。もし、パスが間違っていると、以下のようなメッセージがライセンスサーバーのデバッグ・ログ・ファイルに出力されます:

     

    18:38:24 (lmgrd) License server manager (lmgrd) startup failed:
    18:38:24 (lmgrd) CreateProcess error code: 0x5 File= C:\MentorGraphics\Licensing

     

    または、以下のようなメッセージが出力される場合もあります:

     

    18:40:38 (lmgrd) File not found, C:\MentorGraphics\Licensing\mgclld.exe

     

    ライセンスファイルを開き、パスを修正してください。パスが長い場合、ベンダーデーモンのプロパティ・ウィンドウ(右クリックして「プロパティ」)の「場所:」に記載されているパスをライセンス・ファイルへコピー&ペーストするとよいでしょう。