ライセンスのホストIDについて

Version 4

    ライセンスのサーバーID、ホストIDの出力は、ライセンス・ユーティリティー 'lmutil lmhostid' を使用するのがベストな方法です。SupportNet からダウンロード、インストールしたライセンス・ソフトウェアに全てのライセンス・ユーティリティーが含まれます。lmutil は、Windowsの場合 C:\MentorGraphics\Licensing に、UNIX/Linuxの場合 <path>/bin の中にあります。(C:\MentorGraphics\Licensing と <path> は、ライセンス・ソフトウェアのインストールディレクトリのパスです。)なお、ライセンス・ソフトウェアにアクセスできない場合は、システム・コマンドを使用することでホストIDを得ることができます。

     

     

    WindowsのホストID/ MACアドレス

     

    Windowsワークステーションの場合、コマンドプロンプトで以下のコマンドを実行するとホストID得られます:

     

      C:\> ipconfig -all
    (C はメインディレクトリを示してます。ネットワーク上にいる場合、メインディレクトリの部分は別の文字になっているかもしれません。:\> の後に ipconfig -all を入力して実行してください。)

     

    XPでは、「スタート > ファイル名を指定して実行」より cmd とタイプして "OK" をクリックすることでコマンドプロンプトを開けます。Vistaでは、「スタート > 検索の開始」に cmd とタイプして Enter します。Windows 7では、「スタート > プログラムとファイルの検索」に cmd とタイプして Enter します。以下のように「イーサネット アダプター(Ethernet Adapte)」セクションの「物理アドレス(Physical Address)」の部分に情報が出力されます: (出力内容は環境によって異なる場合があります)

     

      イーサネット アダプター ローカル エリア接続:
       接続固有の DNS サフィックス . . . : domain.com
       説明. . . . . . . . . . . . . . . : Intel(R) PRO/100
       物理アドレス. . . . . . . . . . . : 00-C0-A8-F1-79-8F この出力値がホストIDになります。
       DHCP 有効 . . . . . . . . . . . . : はい
       自動構成有効. . . . . . . . . . . : はい
       IPv4 アドレス . . . . . . . . . . : 141.11.11.150
       サブネット マスク . . . . . . . . : 255.255.255.0

     

    ホストIDは「物理アドレス(Physical Address)」からハイフンを除いた値になります。 (例. 00C0A8F1798F)

     

     

    ハードウェア・キー (ドングル)

     

    ドングルをご使用の場合、ドングルIDを得るために Lmtools.exe (「スタート > すべてのプログラム > Mentor Graphics Licensing > lmtools」または C:\MentorGraphics\Licensing\lmtool.exe)を実行するか 'lmutil lmhostid  -flexid' コマンドを実行する必要があります。

    大抵、ドングルの側面にホストIDが記載されてますが、可能であればシステム上でIDを確認されるほうが確実です。

     

      C:\MentorGraphics\Licensing\lmutil lmhostid -flexid

      lmutil - Copyright (c) 1989-2008 Acresso Software Inc. All Rights Reserved.

      The FLEXnet host ID of this machine is "FLEXID=9-24558979" この出力値がホストIDになります。

     

    Note: ドングルIDを確認する手段は、lmutil と Lmtools のみです。

     

     

    LinuxのホストID

     

    Linux マシン上では、プロンプトで以下のコマンドを実行するとホストID得られます:

     

      /sbin/ifconfig   eth0

    "HWaddr" から始まる出力値がイーサネット・アドレス(MACアドレス)になります。

     

    例:
       HWaddr   00:40:05:16:E5:25

     

    ホストIDはイーサネット・アドレスからコロンを除いた値になります。 (例. 00400516E525)

     

    Note: RHEL6 以上のバージョン等で上記コマンドでエラーとなる場合は、'/sbin/ifconfig em1' と入力して実行してみてください。

     

    Note: FLEXnet 10.8.5 以下のライセンス・システムを使用した古いバージョンのソフトウェアでは eth0 以外(eth1, eth2 等)イーサネット・アドレスをホストIDとして認識致しません。

     

    Note: Linuxの場合、"hostid" コマンドの出力値はライセンスのホストIDとして使用できません。

     

     

    SolarisのホストID

     

    Solaris ワークステーションの場合、プロンプトで hostid コマンドを実行するとホストID得られます:

     

      $ /bin/hostid
       80c80cc9 この出力値がホストIDになります。

     

     

    HP-UXのホストID

     

    HP-UXが稼働している HP ワークステーション の場合、プロンプトで以下のコマンドを実行するとホストID得られます:

     

      $ /usr/bin/uname -i | awk '{printf "%x\n",$1}'

      77476c80 この出力値がホストIDになります。

     

     

    AIXのホストID

     

    AIXが稼働している IBM ワークステーション の場合、プロンプトで以下のコマンドを実行するとホストID得られます:

     

    $ uname -a

    AIX hostname 3 5 000745FF4C00

     

    745FF4C 12桁の出力値から'0'を除いた値がホストIDとなります。