Windowsでの環境変数の設定について

Version 1

    Windows 7/Vista:

     

    1. コンピュータ を右クリックし プロパティ を選択します。
    2. 左側のエリア(コントロールパネルホーム の下)の システムの詳細設定 をクリックします。
    3. 詳細設定 タブをクリックします。
    4. 環境変数… ボタンをクリックします。
    5. 新規..., 編集..., または 削除 ボタンをクリックして新規変数の追加、既存の変数の編集、または変数の削除をします。

     

    Windows XP:

     

    1. マイコンピュータ を右クリックし プロパティ を選択します。
    2. 詳細設定 タブをクリックします。
    3. 環境変数… ボタンをクリックします。
    4. 新規..., 編集..., または 削除 ボタンをクリックして新規変数の追加、既存の変数の編集、または変数の削除をします。

     

    注意点:

     

    • 環境変数を ユーザー環境変数 あるいは システム環境変数 どちらで設定するべきかは、以下の違いを考慮して決めてください:
      • ユーザー環境変数 は現在ログインしているユーザーのみに適用されます。
      • システム環境変数 はシステム上の全てのユーザーに対して適用されます。
    • システム環境変数新規..., 編集..., または 削除 ボタンがグレーアウトになってる場合は、現在のログインアカウントにはマシンレベルの環境変数を編集する権限がないことを意味します。 
      • その場合、環境変数 ダイアログの上の ユーザー環境変数 で設定することを検討してください。
    • 同じ環境変数名が システム環境変数 ユーザー環境変数 どちらにも設定されている場合: 
      • 変数名 PATH は Windowsやアプリケーションによって定義されたシステム環境変数の後ろにユーザー環境変数が追加されます。(ディレクトリのパスはセミコロンで区切られます)
        • コマンドプロンプトで "echo %PATH%" コマンドを実行することで確認できます。
      • それ以外の変数は ユーザー環境変数 の値が有効になり システム環境変数 の値は無視されます。